naka_nora89’s blog

思うがままに、あるがままに。

オナニー

わたしの性癖はきっと吐露して変な目で見られることです。

おかしな観念と、おかしな概念と、おかしな言い回しで、人を試してまわって、変な目で見られることが快楽なんです。

だから自分のブログを読み返して、言い回し変だったり、誤字ってたり、的外れでもそのままなんです。

たまにこうやって自分のブログを読み返すとゾクゾクして、クリトリスがじわぁ って、してくる。
でもね、単純なオナニーはやらないの。
わたし打率低いから。バッターだったら充分だけど、オナニー打率は低いの。

て、こんな変態なこと書くと、変態だなぁって思われるんだろうなぁって思うだけで軽くイク。

女は身体でイクんじゃないよ。
心でイキなさい。

マイ・プライベート・オピニオン

不理解、と見せかけた無理解。無理解、と見せかけた不理解。

どっちでも似たようなものなのだけれど、それはこの日本の迷惑観念と密だ。

理解できないから迷惑、理解したくないから迷惑。

なぜ、理解できなくて、したくもないものに困らせられねばならぬのかと憤慨し皆スマホの画面を睨んで人をやり過ごす。

そして理解の範疇のみを愛する。

理解の範疇を超えればそれは敵。

あなたの隣の席に車いすの人がいる。あなたはまだ巻き込まれていない。けれどきっとあなたの心には薄ぼんやりと迷惑が宿る。

巻き込まれたくない。理解の及ばない人といると扱いに困るから迷惑。そう思っている人はいっぱい居ると思う。

でも、しょうがないのだ。あなたは全知全能ではないし、介護の経験もほぼなければ、友人に障害者のいない人だって居ることだろう。でもあなたの理解の及ばないことはこの世に五万とある。わたしにも介護の経験はないし、もちろん全知全能なんかじゃない。

でもわたしは不理解でも無理解でもない。

わたしは知ろうとする。義足で歩く感覚ってどう?耳が聞こえないってどう?目が見えないってどう?

それを健常な人ほど「失礼だ」とか言う。

なぜ?

なにが失礼なの?健常者同士で「背が高いってどんな感じ?」と聞いているのと大した差はないように感じるんだけど。

不自由がさも悲しいことのように、区別しているのは乗り越えて生きている人にとって煩わしくて、逆迷惑だと思うのよね。

パラリンピックに出場している人みたいな人ばっかりが障害者じゃないんだよ。

もっと理解の及ばない障害者はあなたの身近に潜んでいて、あなたの不理解無理解を試すほどに反応をよく見てる。あなたの醜く歪んだ憐みの顔を、誰よりもいち早く察知する。そして思われる、ああ、不理解無理解だ、とね。

わたしはそこいらの人よりかずっと、障害に理解があると思っている。自身も障害者であることから、「障がい」って書き方すらめんどくせえな、と思っている。

健常者の不理解無理解は、障害者にとっていつも的外れである。

いらん気遣うなら、いっそ無視してほしい。これに尽きるのである。いや、遣ってもらうと言うより力を借りなくてはならない場合がある。その場合こちらはくそほど気を遣うのである。

しかしその「気」の温度差たるや、月面の表と裏くらいだ。

 

以前、わたしは精神疾患者のみのオフ会に参加した。

参加者に身体障害も抱えた女の子が居た。場所は新宿、階段しかない雑多ビルの5階だった。わたしはにわかに沸き立つ店を決めた奴への怒りとこのお荷物…と思った気持ちを忘れられない。

夜も更け、二件目と移動しようと、ようやく地上へ降りた。その時にわたしの中から、彼女がお荷物である感覚は抜けきっていた。事実、お荷物ではなく自力でまあまあの速度で車いすを進めていったからである。

しかしこのあたりから男性陣が次々と帰宅。新宿駅東口の階段前で車いすと非力女子とわたし、の3人で取り残されたのでした。

始発は動いて居るものの、まだ駅へと繋がるエスカレーターは動いていなくて、仕方がないから非力女子を上で待つように指示し、車いすの女の子をおんぶして上がり、さらに戻って車いすを運んだ。火事場の馬鹿力ってこのとこかな、と言うくらい酔っ払いには重かった。そして力の抜けた人間を背負うってこんなに大変なんだ!と気づきもあった。

いや、その時はただひたすらに先に帰宅した男性陣が恨めしかった。

 

まあ、そんな事を思い出してこんなことを書いているんだけれど、わたしにとって実際に何かしらを強いられたらわたしは、障害者が面倒ではあるよ。でも、わたしにとっての面倒は

道端でしょんべんしてる野郎も面倒だし、酔っ払って食って掛かってくる女なんて余計に面倒だし、そんくらいの認識だよ。障害者も健常者も面倒なら十分迷惑。

そんくらいの認識くらいまでは理解した方がいいんじゃねーの。

自害他害

心が弱ると、何かしらに攻撃的になる。
それが自分に向かっていた時は血だらけ痣だらけ。
それがいつしか漠然と、してはいけないことになり、悶々と気持ちを抑える。

ぽーんと弾けて、牙をむく。
言葉の限り、態度の限り、他人を傷付けてまわる。

どちらがいいんだ。

自害の痕見たら他人に気を遣わせてしまうし、他害は自責の念で苦しいし。

わたしはいつも噛み付く人たちにナウシカみたいに「大丈夫、怖くない」と言ってほしいだけなのに。

R20

前回、すごく自分がエモくて、なんかずるい。

ここの私はいつもどこか構えてる。
確かに構えてきちんと文章として成立させる事も大事なのだけどね!
どんな文章にも「ごめんなさい」と。そんな哀愁が漂うように、そんな風にしているんだけど、前回は凄かったねぇ。

エモい。エモい以外出てこないくらいシンプルにエモい。

超えたい。自分を。でも、何を以て超えることになるんだ?
では文脈も考えず突発的発想で行こか!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


エモいってすごい!
瞬間に生きてる!

その場にずっとは残らない方がいいくらいに瞬間の生。でもさ、遺しておきたい生だってあるのさ!

崩さなくて良かっただろう?
削らなくて良かっただろう?

日本にも世界遺産があるのと同じように、私にもあったっていい!

崩さなくていい!削らなくていい!
ブログ紹介の「思うがままに、あるがままに」って言うそこを、私が大事にしなかったらどーすんの!

いいんだ。思うがままに、あるがままに、で。

私はこれを誰かに無理矢理見せている訳でも金を貰っているわけでもないのだから、私は商売にはならんなと思う二束三文な駄文を莫大なlogに残すくらいは許される。

見ていてつまらんな!とか言うやつらは本を買え!
インターネットの普及でこちとら二束三文で買い叩かれる時代になっとんじゃ!
私は思うよ。才能や技術やその他諸々は金にならなきゃ!と!

何故ならならね。評価の真逆ってなんだと思う?
それは懲役もしくは罰金刑!

意味わからん?

よく考えて。法律でな、復讐は許されないんよ。まず示談なら示談金。もしくは賠償金。懲役は御墨付の罰。相手に責任取らせるなら相手の金を取るか、相手の時間を取るかしかできんのよ。究極の罪は命を没収。

だから芸術と犯罪が一番わかりやすく真逆なんだと思うよ。

要してどっちにしたって仕事に対する称賛なんよ!「よくそこまで犯罪犯したね!」

「よくそこまでクリエイトしたね!」
か。

本が何冊売れたとか
ムショで俺は何年刑だとか

絵がいくらで売れたとか
俺は別れるのにいくら払ったとか

要するに、私が思うに目くそ鼻くそ。

芸術家もクズも大差はない。ただ、誰かをすくい上げた回数分、なにかのプラスマイナスが動くだけ。

と書くと作り出す側のほうが悪に見えてくるのは何故なのか。ひとりの命奪う人殺しと、死に追い自殺させる芸術家。どっちが悪がわからんくない?

その辺の私のグレーにさせておいた方がいいところが浮き彫りになってきたからもうやめる。今日だけね。

私にはニーチェフロイト、ふたりの担任がいるからさ。

最後に、ひとつだけ。
思春期の子供に哲学書だけは読ませるな。あれR20とかつけた方がいい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現場からは以上です!

なんかすげーエモい文章だからここにも出す。

世間の意見
:病みとか困るからやめて
:精神病なんて気のせいだよ
:がんばって。。。って言っちゃいけないんだろうけど、がんばろう?

ガチ障害者の意見
:ああ、いいよ、なるべく健常者に併せるわ
:う、うーん、そだね、気のせいかもねー(;^ω^)
:マジファッキン!!!毎日起きたら(しかも薬でしか寝れないってーな。寝る代払ってから寝言言えよwww的な)死にたい気持ちと自傷したい気持ちと無気力でトイレすら行きたくねーわ!もらしたろか( ^_ゝ^)みたいな気持ちてめーにわかるんかよ!毎日すれっすれまでで生きてるから毎日やり切った感多分健常者なお前らよりすごいわ!がんばって死なないようにしてんのに何をどれだけこれ以上がんばれっつんだよ!てめーら健常者も同じくらいがんばってくれるならがんばれるわ!とりあえずお前、朝から両手両足にダンベル20kgな!!!!あと楽しさは90%減だし、やる気は-120%だし、下手すりゃ食欲なんて暴走して胃の中空っぽにするまで吐かなきゃ無理だかんな。

おい!!!
わかったか!!!
おまえら健常者がどれだけ恵まれてるかを!!!

普通に眠れて
普通に喋れて
普通に食べることができて
普通に満腹になれる

うちら障害者に配慮しろっつってんじゃねーんだよ!

おまえらの当たり前がどれだけありがてえことか向き合えつってんだよ!!!

幸せの対比で、おれら障害者をネタにしたっていいからさ、おまえらはおまえらのありがてえ境遇で笑顔になれよ!!!
恵まれてるくせに笑顔じゃねーなんて、クソみてーだぜ!!!
そりゃもう、おまえらが毛嫌いしてる「障害者」だかんな!

世の中綺麗事で済まそうとする奴は、おれは全力で潰すよ。だって、そんなヤツはおれらの仲間を殺すもん。

ハッキリ言っちまえよ!!!
めんどくせーな!

黒き球

ハンカチに包まれたダンゴムシ
それを人差し指と親指でつまんでいる。
厚さを測るように。

そのダンゴムシはじっとしている。丸まったままじっとしている。

わたしはダンゴムシを逃がしたくない。
だから、つまんでいる。

でも、こわいのだ。

わたしの眼が光を拒んで、全てを壊してしまおうか、と闇を灯すときが来たら

わたしはきっと、ダンゴムシを潰してしまう。

その愛おしい姿もハンカチ越しで直視できないままに。

そんな現実じみた妄想に、わたしはわたしがこわくなる。

自分の指すら、力加減できないとままに思う。

逃してしまおう、と過っても、わたしはそれをしない。

聞こえる音はなんだろう。
指の感触はどうだろう。

ダンゴムシが2mくらいになってわたしを喰ってくれたら、わたしはこんな小さな悩みごと消えてなくなれる。

ダンゴムシはわたしの奴隷ではないのだ。

バグ

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%9B%A2%E6%80%A7%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3